飲食

  

運動を行なう

糖尿病改善するためには食事療法の他にも運動療法を行うことが大切です。
運動療法をするときには、いきなり無理な運動をしてしまうと症状が悪化してしまう可能性があります。
そのため糖尿病を運動で改善していくときはまず軽いウォーキングやジョギングなどをするのが良いです。
食事療法とともに運動療法を行えば血糖値が下がって合併症予防にも繋がります。
運動療法を継続して行えば血糖を下げるだけではなく体重を減らして肥満体の改善、ストレス解消などの効果を得ることができます。
一日だけの運動では糖尿病改善に繋がらないため、これからの健康を意識するなら継続していくことが大切です。

糖尿病の症状には運動をすることが良いとされていますが、人によってはやっていい人とやってはいけない人がいます。
病気の症状によっては運動をすることで今よりも症状が重くなってしまいます。
糖尿病は合併症が恐ろしく、症状が進めば網膜症や自律神経障害などの合併症を引き起こしてしまいます。
そうした合併症になっている方が運動を行うと身体に負担をかけて血糖を減らすことができないのです。
症状が安定するまでは身体に無理をしないで、医師からの許可をもらってから運動をするのが良いです。
自分自身が大丈夫だと感じていても身体の中では何が起こっているか素人では分かりません。
専門病院なら身体の隅々まで詳しい検査を行うことができるので、定期的な検査の結果で現在どのような病状なのかを判断できます。